経営理念

弊社は、早稲田大学で研究・開発されたソフトウエアの並列化に関する技術を商用化するために創立したベンチャービジネスです。 早稲田大学によるその技術は、コンピュータの駆動ソフトウエアを自動で並列化するコンパイラに関するものですが、世界に例をみないユニークなもので、その効果は学術的に高い評価を得ています。 これを活用すれば、コンピュータが使われているほぼ全ての電子機器で、そのハードウェアを変更することなく動作を高速にし、同時に消費電力を抑えることが可能です。 弊社では、早稲田大学との研究・開発に基づいてその技術の商用化を担うことで、ソフトウェアの技術革新を推進すること、それを通じてIoTや情報機器の利便性を向上させ、更に環境負荷を低減することで、より快適な生活環境の実現を図ることを経営理念においています。 また、商品・サービスの提供により得られる利潤は、それを独占するのではなく、顧客を始めとする全てのステークホルダーとの相互信頼を基にしたWIN-WINの関係を構築し、社会に幅広く還元することを経営哲学としています。

  • オスカーテクノロジーは、データ処理量の爆発的な増加に即応するソフトウエア技術を世界に提供することで、 エネルギー消費量の低減を図りながら快適で多機能な情報処理社会の実現を目指します。
  • オスカーテクノロジーは、マルチコアプロセッサ用ソフトウエアの自動並列化技術によって、これから発生する並列化コストの大幅低減を実現します。
  • オスカーテクノロジーは、社会に蓄積されたソフトウエア資産を最大限活用するためのツールを提供します。
  • オスカーテクノロジーは、これらの活動を通して世界に通用するグローバルな早稲田大学発の技術ベンチャーカンパニーに挑戦し、研究成果の実用化によって社会貢献を実現します。

オスカーテクノロジー株式会社
代表取締役社長 小野隆彦


会社概要

オスカーテクノロジー株式会社は4人の早稲田大学教授陣で設立されました。早稲田大学前総長の白井克彦名誉教授、早稲田の英知を結集したオスカー並列化テクノロジーの発明者である笠原博徳教授、ベンチャービジネス立ち上げに豊富な経験を持つ松田修一名誉教授、そして代表取締役社長の小野隆彦客員教授です。
当社は、オスカー並列化テクノロジーの専用実施権を得て、マルチコアプロセッサ上で動作するお客様のソフトウエアを並列化することにより、徹底的に高速化・省電力化します。




2017年10月1日現在
社名 オスカーテクノロジー株式会社(Oscar Technology Co., Ltd.)
住所 〒162-0042
東京都新宿区早稲田町27 早稲田大学40号館302号室
TEL 03-5286-2160, FAX 03-5286-2567
資本金 7億5,225万円
設立 2013年2月28日
事業内容 ソフトウェアの並列化サービス・コンサルティング
役員 代表取締役社長 小野隆彦(工学博士)
取締役 大橋正尚(工学博士)
取締役 納富 昭
取締役 伊藤統明
取締役(社外) 白井克彦(工学博士)
取締役(社外) 芦田邦弘
取締役(社外) 土田誠行
監査役 本多昭次
監査役(社外) 松田修一(商学博士)
監査役(社外) 廣渡嘉秀
顧問 笠原博徳(早稲田大学教授、工学博士)
木村啓二(早稲田大学教授、博士(工学))