OSCARTech®コンパイラ v2.2の発売について
汎用版の展開
 オスカーテクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小野隆彦、以下 オスカーテクノロジー)は、4月1日より「OSCARTech®コンパイラ v2.2」を一般向けに販売することとなりましたのでお知らせします。
 OSCARTech®コンパイラは既存の逐次プログラムをマルチコアプロセッサ用に自動並列化するソフトウェアです。従来型の自動並列化技術ではなしえない高速化を実現するとともに消費電力を極限まで抑えることができます。マルチコア化してもなかなか効果が上がらない悩みを解消する強力なツールです。


製品の概要について
 OSCARTech®コンパイラは、早稲田大学の笠原・木村研究室で30年以上にわたって研究開発されたマルチグレイン並列化技術を製品化した自動並列化ツールです。逐次C言語プログラムを入力とし、マルチグレイン並列化エンジンによりプログラム全体の依存解析や再構造を実施し、徹底的に並列性を抽出後、最も実行時間が短くなるように最適化されたコア毎のC言語プログラムを自動的に出力します。元の逐次プログラムの品質を維持しつつ、開発コストの低減、開発期間の大幅な短縮が可能です。並列化後のプログラムは、コア毎のC言語プログラムであるので、プロセッサの種別を選ばず既存の逐次プログラム用の開発環境をそのままご利用いただけます。
 これまではお客様毎に並列化をサポートする形でこの自動並列化技術を提供し、お客様のご要望を取り入れながら、並列化ソフトウェア開発の現場で真に使えるツールとして実用化を目指して改良を重ねてまいりましたが、今般、十分高い並列化性能を出せることが検証できましたので、汎用のソフトウェア・パッケージとして「OSCARTech®コンパイラ v2.2」を一般に販売することにいたしました。
 製品には、逐次プログラムを自動的に並列化する「並列解析エンジン」、並列性をビジュアルに確認する「並列性可視化ツール」、並列性をさらに向上させるためのアドバイスを出力する「並列化アシスタンス」が含まれます。ライセンス方式は、マシンマシン(ノードロック)・ライセンスで、製品本体の他にマイナーバージョンアップや問い合わせ対応が含まれる年間ライセンス使用権が必要です。ご購入にあたっては、並列化の効果がどれくらいになる見込みかなど事前に弊社の技術者がアドバイスいたします。

 OSCARTech®コンパイラ v2.2がサポートする言語はCのみですが、今後、対応言語の拡張や並列化機能の高度化、並列化性能の改善、UIの改良などを強力に推進していきます。

 価格や詳細については、電話やe-mail等でお問い合わせください。

当文中に記載されている実在の企業名および製品名はそれぞれの商標権者の商標です。

このニュースリリースに関するお問い合わせ先
オスカーテクノロジー株式会社 営業部 担当:柳谷(やなぎや)
TEL:03-5286-2160 FAX:03-5286-2567
E-mail:yanagiya@oscartech.jp
URL:http://www.oscartech.jp