OSCARator v1.0の発売について

オスカーテクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山田泰央、以下オスカーテクノロジー)は、本年10月にMBD(モデルベース開発)ツールでのシミュレーションを高速化するOSCARatorを販売することになりましたので、お知らせします。
MBDツールでのシミュレーションにおいて、お使いのPCやサーバなどの実行環境(ハードウェア)はそのままで、MBDツールにOSCARatorをインストール(アドオン)するだけで高速化でき、シミュレーション時間を短縮することがきます。「モデルの実行に時間がかかり、モデルの改良や構築がなかなか進まない」、「実行時間の解析にも時間が掛かり、最適なパラメーターの設定、モデルの妥当性の検証に時間がかかる」、「実行環境が共有で使用時間が限られていて、思うようなモデル化ができない」などでお困りのお客様にお勧めの商品です。

製品の概要について

早稲田大学と当社が開発した独自の自動並列化技術により、Simulink® Coder™が生成する逐次Cソースコードを徹底的に並列化・実行コード化し、モデルを高速化します。また、Simulink®のメニューに追加される「OSCARator」を選択するだけで、高速化処理が自動的に実行されるので、複雑な設定や操作は不要です。
本年10月に発売するバージョンは、米Mathworks社のMATLAB/Simulink®に対応する”BE(ベーシックエディション)”、機能拡張(高速化性能アップ)オプションの”HP1”の同時発売になります。
ライセンスの形式はノードロック・ライセンスで、高速化モデルを作成するための「実行ライセンス」と、その高速化したモデルを動かすための「利用ライセンス」の2種類があり、OSCARatorの動作には、その両方のライセンスが必要になります。

* OSCARatorの動作には Simulink® coder™ が必要です。

価格や詳細については、電話かe-mail等でお問い合わせください。

お問い合わせ先
オスカーテクノロジー株式会社 OSCARatorサポートチーム
TEL: 03-5286-2160, FAX: 03-5286-2567
E-mail: oscarator-support@oscartech.jp
URL: https://www.oscartech.jp