Product Detail

製品詳細

強力な並列解析エンジン

並列解析エンジンは、豊富で独自の機能群から構成されています。

・インライン展開
・条件分岐複製
・マクロタスク融合
・実行コスト予測補完

これら機能群を組み合わせ、プログラム全体に渡って構造解析、依存関係解析、実行コスト解析を実施し、並列性を徹底的に抽出し、各マクロタスクが最も早く実行できる条件を求め、複数コアへのマクロタスクの最適な割り付けを実施します。
さらに依存関係解析結果は並列化アシスタントで分析され、マクロタスクのコアへの割り付け状況と共に並列化可視化ツールで可視化することで、プログラムの持つ並列性を徹底的に抽出する有益な情報が得られます。

きめ細かな並列化の実現

OSCARTech®コンパイラを用いた並列化では、お客様環境に応じた並列化制御が可能です。

(1)コア数に応じた最適な処理の割り付け

各マクロタスクの実行コストや依存関係に伴う同期の実行コストを加味して、使用可能なコア数に応じた最適な処理の割り付けを実施します。更にプログラムの特定範囲に対して、実行するコアを指定することが可能です。

(2)外部関数を含めた並列性抽出

並列化の対象となる関数がライブラリなどの外部関数の場合やオブジェクトで提供されるファイルをリンクする場合など、必ずしもCコードで入力できない場合は、入力変数と出力変数のリストなどの情報を渡すことができ、外部関数を含めて並列化することが可能です。

(3)クリティカルセクションの設定

お客様システム内で複数の処理が実行されている場合、共有するメモリ資源へのアクセス等に対し、クリティカルセクションを設定できます。

サポートしているプロセッサ

OSCARTech®コンパイラは、並列化Cコードを出力するため、プロセッサの種別を選びません。既存の開発環境をそのままご利用いただけます。

サポート言語

組込み業界で標準として使用されているC言語をサポートしています。

品質保証

並列実行の要求が高まっている自動車業界でお使いいただくため、ISO26262の開発プロセスに対する要求である、
a)適切な標準規格に従った開発プロセスの適用
b)国内/国際標準に基づく開発プロセスのアセスメント
への対応として、Automotive SPICEを導入しています。

動作環境

OSCARTechコンパイラは以下の環境にて動作を確認しています。

[ Windows® 版 ]
OS:Microsoft®Windows7®Enterprise
Service Pack 1(64ビット)

[ Linux® 版 ]
OS:Ubuntu® 14.04.1(LTS)

価格

価格は、製品本体と年間ライセンス使用権で構成されます。
詳細につきましては、お問い合わせください。